混沌の坩堝

†創作・政治・日常などが混ざっているブログ†

ヴァーレン 雑記 創作 その他

4月17日のつぶやきまとめ

スポンサーリンク

*私はお腹が張っている*@PYU224
最近夜更かししてたせいか下痢に近い軟便がうごごご。


*私はお腹が張っている*@PYU224
今帰りの最中。


タングステン@狼喰鉱石@tangusutenn
@PYU224 このスライドからこの講義を行った講師について、色んなものが透けて見えてくるような感じがします


あままこ(天原誠)@amamako
ロボットから降りれなくなったロボットアニメの主人公というのを考えてみたがカミーユしか思いつかないや。知識があればもっと連想できそうだけど。


ボマー@bomber_bookworm
少年兵問題は、初代ガンダムは流石と言うべきかかなり自覚的。種が意外とその初期は自覚的なんだがどんどん忘れられていく。正面から据えた00は題材の難しさに苦しんだ印象。そして……かつての少年兵が成長して他の少年兵を使って不幸の再生産する「ありきたりな悲劇」の構図となったのがAGE


田中ユタカ TanakaYutaka@tanakayutak
少年にとっての「ロボット」は成長の果てに放棄されるべき魔法のチカラだといえます。いずれは身一つで世の中で生きて、他者と共に在ることを学ぶための装置です。物語の最後にたどり着いてもロボットから降りることが出来ない主人公がいたとしたら、それはかなり苦い悲劇になるだろうと想います。


田中ユタカ TanakaYutaka@tanakayutak
『エヴァ』も極めてベーシックな「少年マンガ」の物語と見ることが出来ます。「特別なチカラを与えられた英雄の息子」が冒険の果てに、その特別なチカラを手放して、人の世に参加するまでの物語です。「気持ち悪い」と言ってくれる他人に出会う物語。とても苦くてスウィートなハッピーエンド。


田中ユタカ TanakaYutaka@tanakayutak
少年マンガ」物語としての『ガンダム』は、「特別なチカラを与えられた英雄の息子」であるのに、目指すべき「英雄」の姿はなく、導いてくれる「父」も「師」もいない。・・・でもだからこそ、それでも「僕には帰れるところがあったんだ」とチカラを捨てて人の世に飛び込むラストは、胸に熱いです。


田中ユタカ TanakaYutaka@tanakayutak
『ヤマト』の後の『ガンダム』には、可能性を担保してくれる英雄としての「失われた父」や学ぶべき「師」がいないことに気づきます。これが『ヤマト』と『ガンダム』では作品の世代が違うという印象になる大きな源ではないかとも考えます。 同じ艦長でも沖田艦長とブライトさんでは大違いです。


*私はお腹が張っている*@PYU224
@tangusutenn というかツッコミどころが多すぎる・・・
なぜ三次と二次の画像を使って対比させようとしたのか、そしてなぜマミさんをえらんだのか。


タングステン@狼喰鉱石@tangusutenn
右の画像は一年程前にネットで見かけたが、ネットで拾った二次創作イラストを作者に無断で講義に使用するというのは、どこの大学かは知らないがネット情報を扱う意識として相当やばい気がする RT @kyotoooo: 本当にこの大学やばいのでは pic.twitter.com/iLPk9BLuvx


どかい@4月28日 文フリ幕張イ-38@dokai3
派遣会社とハロワが同じビルに入ってる。合理化の極み


*私はお腹が張っている*@PYU224
この時間まで二度寝していました。おはよう。


*私はお腹が張っている*@PYU224
@sgtree_mdo そんな機能が!ありがとうございます。


聖司@japanfield
昨日留学生の方とミステリについて話していたのですが、「日本のミステリはつまらない。なぜあんなに動機にこだわるんだ」「海外では『殺したいから殺した』これがいいんだよ! 何故殺したかなんて興味ないね」と主張されて、これも文化の違いかなーと思いました。


さわK@chiqfudoki
pic.twitter.com/ajNRNzr6nI


*私はお腹が張っている*@PYU224
@shiga_broken 同じだな。


*私はお腹が張っている*@PYU224
おはよう。


*私はお腹が張っている*@PYU224
そろそろ寝る。お休み。


*私はお腹が張っている*@PYU224
何だ、メモ帳やら色々入っていたじゃないか。最初から。 #ipad


masanorinaito@masanorinaito
マラソンのゴールで、戻ってくる選手を待つ家族をターゲットに爆弾テロを起こすというのは、オフィスビルを破壊するよりも、強い個人的怨恨を感じる。イスラーム急進派のテロというのは、そういう怨恨ではなく、劇場化した空間で、巨大な敵に損害を与えることで溜飲を下げようというのが狙い。


とくめー@東京@FXMC_
ユニクロはほむほむっぽいタイツを売りだしたことがあるようでやっぱりブラックだった!


Barack Obama@BarackObama
"If you want to know who we are, what America is, how we respond to evil?that’s it. Selflessly. Compassionately. Unafraid."President Obama


Barack Obama@BarackObama
"What the world saw yesterday in the aftermath of the explosions were stories of heroism & kindness, generosity & love."President Obama


Barack Obama@BarackObama
"The American people refuse to be terrorized."President Obama


*私はお腹が張っている*@PYU224
フレンドが49人。うーむ。 #madoka_online


*私はお腹が張っている*@PYU224
@sgtree_mdo でも少し邪魔かも。一回だけならすごく親切な機能だけど毎回表示されるのはちょっと・・・


スッゴイツリー2(シルバー)@sgtree_mdo
いつの間にかガイド画面にボイスが付いてますな~
カードだけだと聴ける人が限られちゃうから評判良くなかった・・・とか? #madoka_online


masanorinaito@masanorinaito
今回もそれと似ている。イエメンだの、パキスタンだの、アルカイダという名前がまたしても独り歩きしている。9・11を経験したアメリカのお決まりの思考回路の産物。


masanorinaito@masanorinaito
2005年のロンドンテロのときのことを思い出した。テレビ局の夕方のニュースに呼ばれて行くと(そういうところにのこのこ出かけていくことが、そもそも間違い)、最初っから「アルカイダ」ですよね、と担当ディレクターが筋書きを示し、そのとおりにコメントすることを暗に求めた。


とくめー@東京@FXMC_
鬱展開を好む作家だって、それがきちんと上手ければ、作品数を重ねていくうちに、鬱展開を好む読者との間に信頼を結ぶことに成功し、鬱ラノベ作家として固定層を得て、大売れはしないまでも月のラインナップの中に居場所を得ることができるだろう。やっぱ信頼よ、信頼。


とくめー@東京@FXMC_
ことさらに努力だの苦境だのの必要性を訴える人たちって「努力のための努力」「苦境のための苦境」をやりがちだよね…… ハーレムラノベの主人公とかだって努力してるんだけどねえ。「努力のための努力」でないからさらりと流すだけで。生徒会の一存とかその辺強調しててうざかったなー


terada@zuban1
カタルシスを増幅するための手段であるストレス描写が、何故かストレスを与えるのが目的になっててカタルシスはストレス描写で受けた不快感よりも低くなってる……カタルシスが低くなりがちなのは次展開への興味を持続させるため「引き」でまたまたストレス描写が出てくるから。余韻を楽しむ隙もない


とくめー@東京@FXMC_
ツンデレのツンという「溜め」はデレの保障によって受け入れられている。「我々の業界ではご褒美です」でなくてもヒロインの罵倒暴力という不快なはずの展開を受け入れるのは、ツンデレというテンプレで報いられるという信頼を勝ち得たから。信頼を得た者達が勝ち信頼を毀損した者達は負ける、当然よね


お菓子っ子@sweets_street
欧米の植民地経営は植民地人の一部に自国の高度な文化を優先して享受させ、宗主国民との同胞意識を持った彼らに他の植民地人を関節統治させるという手法を使ってましたね RT @andou0725 欧米もプランテーションを同じ理論で与え付けていたと記憶しています。タバコだのバナナだの。


*私はお腹が張っている*@PYU224
レベル 4 を達成しました!
http://shake-spears.com/media.html

とくめー@東京@FXMC_
努力や苦悩みたいな溜め展開に対して受け手が待たなくなってる理由言うたら、既述の、供給が潤沢で見切りが早くなってる、技術的蓄積が進んで長い溜めが冗長に見える、というのに加えて、溜めに見合うだけの快感を後半戦で提供されるという信頼がない。「リアル」とかいってドヤった連中の負の遺産


とくめー@東京@FXMC_
10年も修行したら終わる頃にはその技術が使い物にならなくなってるのが現代のリアリティ。


◯リココ@licoco
努力系主人公は淘汰,棚ぼた系がもてはやされていて現代人は努力がストレスになっている!楽しめなくなっている!って声高に叫ばれているけど,ハードル高すぎるんだよなー.ただ単に,最強の殺人者になるために十年修行みたいなのは非現実的なんだよ.まだ脳内VR訓練で3秒終了の方が”説得力”ある


とくめー@東京@FXMC_
鎌池和馬川原礫はあの「頭の悪さ」がなければろくでもない信者が集まって気持ち悪い作品になってたと思う。この2人が書く物がエンタメとして成立しているのは「頭の悪さ」に支えられている面がある。


ブルタ@buruta_
「頭がおかしい」って少なくともツイッターではあんまり悪口として使われないような。「頭が悪い」はほぼ確実に悪口だけど。


タングステン@狼喰鉱石@tangusutenn
【定期】ニコニコでマミマミストのコミュニティ作りました。名前は『マミマミストのお茶会』です。巴マミが大好きな方、ネタ抜きでも巴マミを愛せる自信がある方、歓迎します。http://com.nicovideo.jp/community/co1759349?mypage_nicorepo


*私はお腹が張っている*@PYU224
@sgtree_mdo おやすみなさい。良い夢を。


masanorinaito@masanorinaito
ボストンマラソンテロの映像をみると、アフガニスタンやイラクの日常に重なる。彼の地では毎日起きていることを想起せよ、というメッセージにも思えるし、彼の地では、こうやって米兵が殺されているのだというメッセージにも思える。


masanorinaito@masanorinaito
アフガンやイラクに派兵された米軍の元兵士が、国のためと思って苦難の戦ってきたら、十年たって、祖国は厭戦気分。「愛国の日」にテロを起こすとしたら、その種の怒りも動機になりうるのではないか。歩道で爆弾を携帯で爆発させる手口は、アフガンで米軍を狙う日常的な攻撃に似ている。


*私はお腹が張っている*@PYU224
@theGazettEINDIA Four days ago, there was an earthquake in Awajishima. It shook me and my family in Osaka. We felt fear.


*私はお腹が張っている*@PYU224
@cafeseaside 日本でも過去に高校生が花火を解して取り出した火薬と釘を瓶に詰めて爆発させたというニュースを思い出して物凄く手軽に作れるのがこの手の爆発物の怖さですね。


*私はお腹が張っている*@PYU224
とりあえずリハビリ的な感じで作ってみた。 #ヴァーレントゥーガ #そしてアルカディアにて我 #ドット絵 pic.twitter.com/fegaj9mpIB


・終了・

広告を非表示にする