読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

混沌の坩堝

†創作・政治・日常などが混ざっているブログ†

ヴァーレン 雑記 創作 その他

TransBookの代わりを探そう

スポンサーリンク

 

おはようございました。PYUです。

以前ASUSの新製品であるTransBookT303とT102の話をこちらでしたのですが、凶報が来ました。

pyu224.hatenablog.com

残念な事に発売延期です・・・

 

 

・はじめに

今週発売というので待ちに待っていましたが、延期となるとまた待つのが辛いです。という訳で同等の機能を持つタブレットPCをピックアップして比較していきたいと思います。

OSはWindowsのみに限定し、お絵かき以外にも使用可能な物をピックアップしています。

 

 

・紹介する製品

 

 

MicrosoftSurfaceシリーズ

www.microsoft.com

Windowsタブレットといえばこれを思い浮かべる方が多いではないでしょうか。

Windowsの製作元であるからか、ペンを使用した際の滑らかさは上位に食い込むでしょう。価格帯と性能も幅広く選べ、学割などの割引制度も充実しています。

問題は新品+割引なしだと最低でも10万はかかり、キーボードは別売でそれなりに値が張る、筆圧調整はペン先を交換しなければいけないなどが挙げられます。

 

あとこれは個人的な雑感ですが、id:lastlineさんなどの話から

lastline.hatenablog.com

Surfaceシリーズは他社の製品と比較して故障が多く、修理の際は本体を交換することでしか対応できないといった話を多々聞くので信頼性はやや低いと感じています。

批判も書きましたがペンと画面が馴染む感覚は素晴らしいので選択肢としては十分ありだと思います。

 

 

Wacom・Cintiq Companion 2

タブレットPC 筆圧感知 Wacom CintiqCompanion2

Cintiq Companion 2 | Wacom

ワコムの製品。

元々ペンタブを作るノウハウがあるので試用してみたところ特に違和感も無く使いやすかったのですが重量が1.7kgと重く、価格も安くないです。

しかしその分性能は高く使いやすいので両方に目を瞑れば候補としては良いかもしれません。

 

 

・Huawei・MateBook

タブレットPC 筆圧感知 Huawei MateBook

http://consumer.huawei.com/minisite/jp/matebook/index.htm

中華企業のHuawei(ファーウェイ)によって作られた製品。

そのせいか性能の割に安価でメモリ8GB、CPUがCore m5、容量が256GBで価格が10万を割る店もあり、お求めやすいと思われますがペン先が短いので別途買い求めた方が良いかもしれません。

端子はキーボードとの接続端子とUSB Type-C(USB3.0)とヘッドホン出力のみで6.9mmと驚異の薄さを実現しています。逆に言えば拡張性は乏しいので別売のMateDockを使わないと厳しいです。というかペンもキーボードも別売なんですね・・・

とはいえオプション込みでもこれより高い同等製品が殆どですので、高性能な物を安く手に入れたいのならお勧めできるでしょう。

 

・HP・Elite x2 1012 G1

タブレットPC 筆圧感知 HP Elitex2

HP Elite x2 1012 G1 | 日本HP

x2 1011 G1の後継機として今年2月の末に発売された製品。

筆圧感知の方式が電磁誘導方式から静電容量方式に変更されているようです。

特色は本体の背面に取り付けられた無段階キックスタンドと米軍調達基準をクリアする程の耐久性でしょう。ただ頑丈なのは良いのですが個人で利用する分にはそこまで必要かという贅沢な問題はありますね。

最低価格は10万を超え、ペン以外のオプションは別売なので絵を描く以外に用途があるのなら他の製品の方が良いかもしれません。

 

・HP・ElitePad 1000 G2 

タブレットPC 筆圧感知 HP ElitePad

HP ElitePad 1000 G2 製品詳細・スペック - ノートパソコン・PC通販 | 日本HP

筆圧感知に対応しているのみならず高性能で極めて頑丈なElite x2ですが、最安値でも10万と少し値が張るのでもう少し安いものを探した結果、法人用製品でこの製品を発見しました。

メモリ4GB、ストレージは64GBと性能は十分でペンは256段階の筆圧検知に対応しています。

欠点は法人向けであるせいか、拡張性は下部のシステムコネクター頼りである部分ですね。

SONYVAIO Z Canvas

タブレットPC 筆圧感知 SONY VAIOZCanvas

VAIO | 商品情報 | VAIO Z Canvas

ハイスペックなノートPCに定評のあるSONYもこの流れに乗ってきたのか、高性能なタブレットを繰り出してきました。

VAIOシリーズの流れを汲むせいか性能は高く、CPUがi7でメモリ16MBとデスクトップにも劣らない性能を持ちますが1.21kgの重量と28万の高価格がその足を引っ張ります。

高すぎるよ!

 

NECLAVIE Tab W

タブレットPC 筆圧感知 NEC LAVIETab

LAVIE Tab W - タブレット | NEC Direct

NECも負けてはいません。この夏に新製品を市場に供出してきました。

OfficeMobileとペンとキーボードの3点を付けて合計8万5000円で発売してくれました。

まだ私は試用した経験は無いのでスペック上のみの話ですが、フラッシュメモリが64GBなのは価格の割りに少ないかも。

 

 

DELL・Latitude 2-in-1

www.dell.com

Inspironシリーズが筆圧感知機能をオミットしたそうなので同社の製品の中で対応している製品はまだあるのか?と思って探したら見つけました。

メモリ4GB+SSD128GBで12万なので割に合わないかもしれません。

直販モデルなので値下がりがあまり期待できないのも辛いですね。アマゾンや楽天を探しても中古が数点あるのみでそちらも期待できないでしょう。

 

 

DELL・Venue Pro

www.dell.com

こちらはLatitudeと打って変わって小ささを押し出した製品。

画面が8インチと小さい反面、重さは400g足らずで性能は大きさの割りに十分高く(メモリ4GB+HDD64GB)、価格も5万足らずと大判振る舞いと言っても過言ではありません。

メモリが2GBのものと4GBのものがありますが、大して価格に差は無いので買うのなら4GBのものを買いましょう。

ただペンは付属してないので持っていないのなら別に買った方が良いですね。

 

 

 

・最後に

この記事で取り上げたものは数多くある筆圧感知タブレットの一部分なので購入の際は他にも良いものが無いかよく調べてから買いましょう。

東芝dynabookなども取り上げたかったんですが記事がめちゃくちゃ長くなりそうなので個人的によく見かける機種と興味のあるもののみに今回は絞りました)

 

とりあえず疲れました。気晴らしに新しいTransBookの発売日の確認でもしますかねー?

タブレットPC 筆圧感知 ASUS TransBook

んんん?

 

 

>この商品の発売予定日は2016年10月3日です

 

>この商品の発売予定日は2016年10月3日です

 

>この商品の発売予定日は2016年10月3日です

 

 

 

 

 

明日じゃねえか畜生!!!!!

 

 

 

~おしまい~

 

 

 

・おまけ

LenovoからTransBookより安価なタブレットの発売が予定されているようです。

japanese.engadget.com

凹凸なしタッチキーボード、そして板タブで紙の上に描いたものがそのまま反映されるなんてたまげたなあ・・・

広告を非表示にする