読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

混沌の坩堝

†創作・政治・日常などが混ざっているブログ†

ヴァーレン 雑記 創作 その他

拝啓うだまさんへ

記事 記事-その他

スポンサーリンク

こんばんは。

今回は「ツンギレ猫の日常」のブログ主・漫画家のうだまさんに対するものです。

この方はマイナビケツドラ猫の記事を見てからお気に入りに入れ、一時期毎日拝見したり、チャリティカレンダーを購入したりしてました。

 

前置きが長くなりましたので本題から申し上げますが、他作者からのネタのパクリやトレースがあった事についてこちらのまとめで知りました。

togetter.com

猫マンガ家うだま まとめ Wiki*

 

この時はまだ信じていたかった気持ちもあり「何してるんですかうだまさん・・・」としか思えませんでしたが謝罪文の対応で気持ちが醒めました。

blog.livedoor.jp

何故普段使っているブログではなくライブドアブログでわざわざブログを作ってまで謝罪しようとされるのですか。

また記事の内容も

このたびはトレースの件でご迷惑をおかけし申し訳ございませんでした。
漫画の背景に写真をトレースしたものを使用しているのではというご指摘をいただき
慌ててトレース用の背景写真が入ったフォルダを確認したところ
そのフォルダの中にトレースが許可されていない写真が紛れておりました。
よって、今回の件は確認を怠った完全な私のミスです。

当該漫画を全て非表示にし、当該箇所をすべて削除という対応を行います。


これまで描いてきた作品は、皆さんに育ててもらったものでした。
読んで下さる皆さん、楽しみにしてくださってる皆さんがいたからこそ描けたものです。

今回私の完全な不手際により、失望させてしまうようなことをしてしまい本当に申し訳ございませんでした。
今後十分な管理と注意のもと、このようなことのないよう必ず必ず徹底いたします。

うだま

 

あれだけ多数のネタを盗んでおきながらミスで済まそうとするのはどういう訳でしょうか。

ミスであっても元となった私屋カヲルさんらに対してまずは謝罪すべきではないですか。

 

更につい先ほどトレースだと認めた謝罪文が掲載されましたが

blog.livedoor.jp

 

よく見ていただければお気づきになる方がおられるかもしれませんが、ライブドアブログは「記事のタイトル:ブログ名」となっておりまして、要するに以前の謝罪文を掲載したブログと異なる新たなブログを作った上で謝罪するとは批判を分散させようという意図が感じられます。

私の、これまで対外的に配信した表現物の中に、著作権に抵触する部分がありました。

本当に申し訳ございませんでした。

現在、これまでの表現物が多数であり、しかも複雑多岐にわたるため、現在も確認しているところです。

なぜ、著作権違反をしてしまったか、その理由は私自身の未熟さです。未熟であるが故、安易な判断があり、甘えの心理が働き、このような行為に至ったと反省しています。

これからにつきましては、これまで心を寄せていただきました読者の皆様、関係者各位へのお詫びと、実際に被害を与えてしまっている関係者への償いを、誠意をもって対応していく考えです。

そして、今後の活動につきましては、お許しをいただけるかどうかわかりませんが、再起をかけていきたいと思います。
勿論、マイナスからのスタートと心得ていますし、失った信頼を取り戻すことは並大抵なことだとは思っていません。
それでも、必死にやり直していきたいと心から願っております。


尚、私自身の不祥事が収束に向かうまで、ブログ、ツイッターは一時休止したいと思います。

 

2016年11月19日 うだま

 

私ははてなアンテナにこの方のブログ2種をお気に入りにしておりまして、更新時間を見たところ

うだま ブログ はてなアンテナ

このブログの更新直後にお詫びのツイート

udama1212 Twitter うだま

穿った疑念ですけれど、通常通り更新した2時間後にお詫びをするってどういった心の動きなんでしょうか。というかいつも使っているブログにこれを上げないのって誠意が無いと言われても仕方ないと思うんですが。

(訂正:画像の上の方のブログはうだまさんのお母様のものだそうです)

いい加減このような事はお止めになられたらどうですか。

 

 

私はあれだけかわいい猫たちを毎日アップして私たちを癒してくれた事への好意が今では怒りに置き換わっています。

t.co

今ではこのはてなブログでの投稿も大勢のはてなブロガーが思い思いを吐き出す中、人気を背景に大賞を掠め取るためだけに他の人のネタをパクって投稿したのだなと疑念が拭えません。

本当にいい加減にしてください。

広告を非表示にする