読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

混沌の坩堝

†創作・政治・日常などが混ざっているブログ†

ヴァーレン 雑記 創作 その他

忘れられないインド料理店「シュリアルナ 第4ビル店」

スポンサーリンク

お題「忘れられない飲食店」

 

こんばんは。今月に入って早々にインフルエンザに罹患して苦しんでいたPYUでございます。

予防接種を受け、帰宅してすぐに手洗いとうがい薬でのうがいを慣行していましたが、先に感染していた家族からうつされ、あっさり38度を超える熱が数日続きましたw

感染症に備えていてもあくまで確率が下がるだけで罹るときは罹ります。

皆さんも気を付けましょうね。

 

 

 

・はじめに

本題に入ります。今回は今週のお題ではなく、マイお題に答えます。

今回のお題は「忘れられない飲食店」、これに答えてみようと思います。

それは「シュリアルナ」という、インド料理店です。

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

開店時間は昼11時~15時、夜は17時~22時、定休日はないみたいです。

目印となるお店の外見はこんな感じです。

 

 

 

・そもそもインド料理とは?

インド料理(インドりょうり)は、フランス料理・イタリア料理・中国料理・日本料理などと並ぶ世界的な料理スタイルの1つである。特徴の1つは、様々な香辛料(スパイス)を多用する事であるが、インド亜大陸は広大であり、地域・民族・宗教・階層などによって多くのバリエーションがある。

 

北インド料理
北インドの料理はイランやアフガニスタンなど中東の食文化の影響を強くうけており、ナーン (ヒンディー語: नान) 、チャパーティー (ヒンディー語: चपाती) 、ローティー (ヒンディー語: रोटी) といったパンを主食とし、牛乳やダヒー(ヒンディー語: दही:ヨーグルト)、パニールヒンディー語: पनीर:フレッシュチーズ)、ギー(ヒンディー語: घी:澄ましバター)などの乳製品を用い、スパイスとしてクミン、コリアンダー、シナモン、カルダモンおよびこれらを配合したガラムマサラなどを多用する。米は香り高いバースマティー種が好まれる。ムルグ・タンドゥーリーなど、タンドゥールを用いた調理法も北インド料理の特徴の1つである。
インド国外のインド料理レストランは、パンジャーブ料理とムガル帝国の宮廷料理(ムグライ料理(en))を提供する北インド料理店がほとんどである。

 

南インド料理
南インドの料理は米飯が主食であり、乳製品よりもココナッツミルク (ヒンディー語: नारियल का रस) を多用する。またスパイスも北インドのクミン (ヒンディー語: ज़ीला) の代わりにクロガラシ(ヒンディー語: सरसों)の種やカレーリーフ(オオバゲッキツの葉)を好んで用いる。油はギーよりもマスタードオイルや胡麻油が多く使われる。菜食主義者が多いため野菜や豆の料理が発達しているが、一方で魚を使った料理も多くある。北インドで長粒種(インディカ種)が使われるのに対し、南インドの米は丸く、外見はジャポニカ種に似ている。しかし粘り気は少なく、粘り気を抑えた炊飯法が好まれる。北インドほど油脂を使わないため、料理は比較的あっさりしている。正餐(ミールス)は、バナナの葉を皿がわりにし、飯、サンバール、ラッサム、ヨーグルト、アチャール、チャトゥニー等を盛りつけ、手で混ぜて食べる。


ベンガル料理
詳細は「バングラデシュ料理」を参照

東インドのベンガル地方およびバングラデシュで食べられている料理。フェンネルシード、ニオイクロタネソウの種、フェヌグリーク、クロガラシの種、クミンを合わせたパンチ・ポロンという配合香辛料を風味づけによく用いるほか、白いケシの実(ポスト、posto)をしばしば煮込み料理やチャトゥニーなどに用いるのが特徴。淡水魚はカーストを問わず非常に人気があり、ジョル (jhol)というスープにしたり、ダール(去皮して二つに割った小粒の豆類)と一緒に煮込んだりする。他の名物に、苦味のある野菜の煮物「シュクト」 (shukto) または「シュクタ」 (shukta) とチェナー(छेना, chhena)を用いた菓子類(チャムチャム /ベンガル語: চম চম、 ラショゴッラ /ベンガル語: রসগোল্লা、シャンデーシュ /ベンガル語: সন্দেশ 他)などがある。

 

ヴィンダルー

「:en:Goan cuisine」も参照
ゴアのカトリック教徒の料理は、旧宗主国ポルトガルの料理の影響を強く受けている。インドでは珍しく豚肉の消費が盛んで、リングィーサなども食べられる。ゴアの有名な料理には、肉を酢とニンニクで煮込んだヴィンダルー(vindaloo)、鶏肉や羊肉の煮込み料理シャクティ(xacuti)、豚や羊のもつを煮込んだサラパテル(sarapatel)、鼓型をしたパン、ポイー(poee)、ケーキとプディングの中間のようなデザート、ベビンカ(bebinka)などがある。

 Wikipediaインド料理」のページより引用

 

インド料理といっても色々あるようですね。とりあえず私にはよく分からないという事だけは理解できましたw

 

 

・お店の場所

本題に入りましょう。

このお店は大阪駅前第4ビルの地下1階に存在しています。

 

地下鉄、JR、阪急、阪神の路線で行く事ができ、またヨドバシカメラ梅田店のように「一見すると行きやすそうだが、実際に行くと複雑で道に迷う」ようなトラップはございません。

地上では信号のない太い道路で塞がれているという事はなく、地下からも(比較的丁寧な)案内もありますので初めて大阪に来るという方も安心して行けます。

B1F|フロア案内|大阪駅前第4ビル

そしてお店は第4ビルの地下1階にあります。

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

地図で言えば47番にあり、迷った際は外周をグルグル回るとすぐ見つけられるでしょう。

 

 

・お店に入ってみる

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

店内に入るとインド人の店長と店員さんが出迎えてくれます(この写真では見えませんが)

中は静かでビルの中の人気や騒がしさから離れ、ちょっとした異世界に入ったような気持ちになれます。

ドアや窓は無く開けているので完全に隔離されるような感じではなく、騒がしさから適度に距離が置ける感じです。むしろ初見の人にとってはドアがないので入りやすいかもしれません。

 

 

・メニューを頼んでみる

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

今回私が頼んだのは画像左上のカレーセットとドリンクのチャイ。

ドリンクとセットで頼むとドリンク代は+150円で済みます。

f:id:PYU224:20170210190011j:plain

最初にスープが来ました。インド料理でこの色だからといって辛い訳ではありませんが、中華料理などのスープとは違い結構ドロッとしていて濃いです。

熱いですしスプーンで冷ましながら飲みます。

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

次に水が来ました。スープの熱さでやられている舌と喉に優しいです。

 

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

さあ、メインディッシュのナンとカレーがきました。手前のナンをカレーに付けて食べます。

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

ナンをちぎり、

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

カレーにつけ、

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

食べます。

 

 

 

うん、おいしい!

 

 

 

dic.nicovideo.jp

インド料理だからといって特段辛すぎる事はなく(むしろカレー屋のカレーの方が辛く感じる)、辛口が苦手な私でもどんどん口に入れられる美味しさです。

 

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

飲み物のチャイ。ミルクの入ったアイスティーです。コップの左の入れ物にはシロップが入っています。食後の飲み物としては適しています。

dic.nicovideo.jp

 

 

インド料理 シュリアルナ 大阪第4ビル

おかわりのナンは100円でしてくださるようです。こういうのはありがたいですね。

 

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

ごちそうさまでした。

 

 

・撮影許可を取る

私はこの店に来るのは2回目でお題が出たし紹介しようかと思っていましたが、何も言わずに紹介するのは宣伝とはいえ礼を欠く・・・という事で店員さんに許可を取る事にしました。

しかし店員さんが外国人なので正直ちょっと話しかけ辛い。という事で筆談を用いて話しかけてみることにします。

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル 筆談 HP Elite x2 CLIP Studio

筆談に用いるHP Elite x2です。CLIPStudioのキャンバスに英語と日本語を併記して万全の状態で許可を申し込みます。

 

~申し込みへの会話~

私「あっ、あのっ、この店を撮影してホームページでし、紹介して良いでしょうかっ(コミュ障)」

店員「(私の顔と画面を見ながら数秒の沈黙の末)I don't know.」

~会話終了~

 

失敗しました。良いか悪いか以前にコミュニケーションが上手く取れませんでした。

恥ずかしくなったので会計をして出ます。

頼んだカレーセットとチャイは税込みで1134円。個人的にいつも食べるには懐が厳しいですが、ちょっと奮発する分には悪くありません。

 

さて、店を出るか・・・と外に出ようとした時左手の厨房で店主らしき人と目が合いました。

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

この人にもダメ元掲載許可を頼んでみるかな・・・

 

~会話~

私「あの、この店を撮影してホームページで紹介して良いですか(やや早口)」

店主「いいですよ」

~会話終了~

 

 

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル 淫夢くん

日本語を話してくれた・・・!

失礼ですけれども、この時ちゃんと意思の疎通ができた事が一番嬉しかったんですよ。

許可が下りる下りないは二の次でそこが一番嬉しかったです。

という訳で今回このお店を紹介する事ができた訳です。あらかじめそれを見越して写真を撮っていたのも大きいのですけどね。

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

店員さん。日本語での意思疎通は苦手っぽい。

 

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

店主さん。大体厨房にいるっぽい。日本語が分かる。

画像を見直してみたら眉が下がってますけど、怒ってませんよね・・・?

もし粗相をしてしまったのなら申し訳ございません。

 

今回はこの場でですが許可してくださって重ね重ねありがとうございます。

また機会を見つけて食べに行きます。

 

 

・最後に

言い忘れていたのですが、同名のお店が第3ビルにもあります。

 

名刺とチラシを見ますと同じグループの店のようですね。となると別に統括している人がいそうです。

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

インド料理 シュリアルナ 大阪駅前第4ビル

宴会とパーティにも対応しているようなので、家族や友人と行くのもいいかもしれませんね。

 

 

・おまけ

名刺に書かれてあったURLは無効でしたが、食べログから公式HPを発見しました。

ホーム - shriaruna ページ!

大阪梅田のみならず兵庫西宮にもお店があるようです。

 

いいですねぇ!やりますねぇ!

 

あと今回で店員さんとの意思疎通に使用したElite x2とCLIP Studioの宣伝です。

今回はこれにて終わりです。それでは。

 

 

次回

pyu224.hatenablog.com