混沌の坩堝

†創作・政治・日常などが混ざっているブログ†

ヴァーレン 雑記 創作 その他

拝啓うだまさんへ その2

スポンサーリンク

前回

pyu224.hatenablog.com

 

 

こんばんは。

ツンギレ猫の日常」を運営する漫画家(???)のうだまさんに対する記事です。

 

 

以前の記事の後、活動休止を宣言されておられたのですが5月の半ばに入って復活されました。

おかげさまで、猫たちは今日も元気にしています。 たくさんの励ましのお言葉をありがとうございました。 本日もメールを送ってくださった方々、ありがとうございます。 (全員には返信ができておらず本当に申し訳ないです)

反省してこれからは真面目にやっていくのかな?と思ったのですがリプ欄を見ていくとどうも違うようです。

更新!(=・ω・=) 猫の頭、驚きのまん丸さです | ツンギレ猫の日

どういう事でしょうか。今の彼らを見せないのは何か理由があるのでしょうか。

 

猫への愛を語っておきながらその割にはどこか対応が粗雑なのですが、本当に愛はあるのでしょうか?

※閲覧注意

ブラッシング動画ですがすごい音でやっています。

 

そういえばうだまさんのブログをこの前見たんですが

udama.jp

このような謝罪記事が上げられたのですが、気になる点がいくつか。

お詫びとご報告

6月に予定しておりました「ハルくん、あのね。生後6か月で天国へいった子猫のは
なし」の刊行を中止いたしました。
関係者の皆様、読者の皆様に深くお詫び申し上げます。
またご報告が遅くなりましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

昨年、私の不見識により、作品表現に関する問題を起こしてしまいました。
該当作品の掲載元様を通して各著作権者様には謝罪をさせて頂いておりましたが、
5月に一部の著作権者様に謝罪が伝わっていないことを把握致しました。
結果的に、謝罪が済んでいなかった状態にも関わらず、活動再開ならびに写真集の出
版を発表してしまったことにより、
一部著作権者様に対しまして何度もご不快なお気持ちにさせてしまい多大なるご迷惑
をおかけしてしまいました。
自分自身の浅慮により引き起こしてしまったことの重大さを深く深く悔いておりま
す。
これまでの愚行を猛省し、創作・執筆活動を取りやめます。
この度は誠に申し訳ございませんでした。

2017年7月18日 うだま

 

この話は集英社みらい文庫で6月23日に発売される予定だった本が多数の批判を受けて発売中止になった際の話なのですが、詳細はこちらの方を見ると分かりやすいです。

news.biglobe.ne.jp

togetter.com

要約すると本の内容は関係なくて、数々のトレパクをやらかしておきながら被害を与えた作家さん方に謝罪せず本を出そうという魂胆が批判されているのです。

しかしこれらは5月から言われているのですが謝罪記事が今というのはどういう事でしょうか?すぐに謝るべきではなかったのでしょうか?

 

疑惑はまだあります。

猫
 うだま

お詫び | ツンギレ猫の日常

コピペか。/しかし最初からこうして本ブログで謝罪しておけば許してくれる人も多かったんだろうけど、なんであんな馬鹿なやり方をしたのか理解に苦しむ。

2016/11/21 05:23


コピペか。/しかし最初からこうして本ブログで謝罪しておけば許してくれる人も多かったんだろうけど、なんであんな馬鹿なやり方をしたのか理解に苦しむ。 - PYU224 のコメント / はてなブックマーク

この記事のブックマークを見ると分かるのですが、この記事は去年の11月20日に作られた謝罪記事に追記の形で書かれたものである事が分かります。

謝罪記事は新規に作ればいいのにどうしてさらに疑われるような真似を行うのか全く理解不能です。

猫 うだま

はてなアンテナで更新に気づいた時は少し期待していたのですが、これでさらに失望しました。

今あなたに必要なのは小細工せずにまっすぐ相手に向き合って謝れる誠実さではないでしょうか。